フリーランスを卒業します

f:id:haru_skywalker:20161223202603j:plain

www.adventar.org

こちらの25日目、最終日を担当致します。

タイトルで既に出オチ感ありますが、7年間のフリーランス生活を卒業することに致しました。これまでの私のフリーランス生活を総括したいと思います。

ちなみに、アドベンター登録時に12月上旬だと転職先が決まっているか微妙だったので、最終日という大トリの大役を選択してしまいましたが、そういう理由なので大目に見ていただけるとありがたいです。?

どんな仕事をしているのか

私は現在、Webアプリケーション開発や技術支援をしています。

フリーランス初期はWebデザインをメインにやっていましたが、途中からシステム開発も行うようになり、最近はデザインはやめて開発業務中心にシフトしました。この辺の話は過去のブログに書いているのでご興味があればご覧ください。

bump.hatenablog.com

なぜフリーランスになったのか

私は未婚の頃から「子どもが生まれたら在宅で働く」と決めていました。私の両親は共働きで、幼少期には何かと寂しい思いをしたため、自分の子どもには同じ思いをさせたくなかったのです。今でこそ在宅ワークが可能な会社は多くなってきましたが、7年前の当時はまだまだ少なく、そのため結婚2年後にフリーランスという選択をしました。

なぜフリーランスを辞めるのか

上記の逆になりますが、在宅可能な会社が増え、フリーランスにこだわる必要がなくなったのは一番大きいです。

また、私は常時3つほど異なるクライアントの業務を並行していたのですが、これがずっと心の負担になっていました。この件については以前にブログに書いたので、興味があればご覧ください。 bump.hatenablog.com

掛け持ちスタイルはやめて、1つのプロジェクトに100%フルコミットしたい。そんな気持ちが強くなり、どうせフルコミットするのであれば会社員に戻ってもいいのではないか?と考えるようになりました。そんな時に、ある方から「うちの社員にならないか」とタイミングよくお誘いをいただき、それがキッカケで真剣に考えるようになりました。

つまり、今回フリーランスを卒業するのは、子育てをしながらでも働きやすい会社が増えたことや、私の仕事に対するマインドの変化が理由です。

フリーランスになってみて感じたこと

会社員の頃、私にとって仕事とは「与えられて当たり前」のものでした。これがフリーランスになると、仕事とは「自分で獲得するもの」になります。そして自分の市場価値を嫌というほど思い知ります。フリーランスにならなければ、仕事を頂けるのがどれほどありがたい事なのか、気付けないままだったと思います。

実際に仕事をいただけるようになっても、会社員と違っていつ切られるか分からないリスクがあります。ある日突然「来月からはもういいです」と宣告されたことも実は過去にはありました。それは相手の都合(予算・人員の問題)の場合もあれば、私の力量が相手の期待値以下だったせいもあります。こういう経験を経て、会社員以上に自分のスキルを磨き続けなければいけない、と強く感じるようになりました。

フリーランスはシビアです。クビを切られないように努力しつつ、もし切られてしまってもすぐに次が見つかるようにしなければいけない。フリーランスは自由そうに見えるかもしれませんが、実際には緊張感のある日々の連続です。たとえ戦力外通知をされてしまっても、めげずにすぐ失敗原因を整理し、それを今後の糧にして這い上がっていくくらいのメンタルが必要です。おそらくフリーランスになったら誰しも1度や2度は、こういった経験をする時が来ると思います。ですが失敗から学ぶことは非常に多いです。他人のせいにして自己正当化だけで終わっていたら成長はありません。

また、自分のメイン業務以外に、営業や経理もすべて一人で行うことになります。私は家事や子育てもしながらなので、限られた時間で全てをこなすために、作業効率を真剣に考えるようになりました。ポモドーロ・テクニックやGTD(Getting Things Done)など、プロダクティビティを高める工夫も必要になります。

更に在宅で働く際には自分で自分を厳しく管理する必要もあります。これについては今でも色々と試行錯誤していますが、過去にその試行錯誤を書いていますので、興味があればご覧ください。

bump.hatenablog.com

挙げればまだまだありますが、フリーランスになったことで仕事に対する考え方、ワークスタイル、様々な変化がありました。7年間のフリーランス生活が、私自身の成長に大きく繋がったのは間違いないです。会社員のままだったら、これだけの成長は無かっただろうなと思います。

収入とスキルアップについて

これからフリーランスになる方が一番気になるのが、収入のお話だと思います。でも私のケースはあまり参考にならないかもしれません。金額面だけで言うと、会社員だった頃よりは少なくなりました。というのも、前職が給与面では高待遇だったせいです。

ただ、フリーランスになると自分の単価は自分で決められる。これが特権でもあります。

ここ数年、私は時給を決めて働いた時間分を請求するスタイルでお仕事をしています。

私の時給は案件や内容次第で異なりましたが、自分が時給に見合った価値を提供できると思えば、時給1万円に設定したっていいわけです。それだけの価値を提供できるのであれば。(大事なことなので2回言いました)

つまり、スキルを磨いてその道のスペシャリストになるなど、市場価値を高めることによって収入アップも可能なわけです。会社員だとインセンティブやボーナスなどで多少変動はあっても、基本的に給与テーブル以上の収入はありません。

納品ベースのお仕事だとしても、見積額は自分が決定するわけですから、生産性やスキルを高めることによって収入アップは可能なのです。

要は、収入は自分の実力次第でいかようにもコントロールできる。逆に実力に自信ないなら、案件数を増やす・稼働時間を増やす以外にないので、それなら会社員のほうが良い気もします。

フリーランスのスキル形成についても過去に書いていますので、興味があれば御覧ください。

bump.hatenablog.com

仕事の見付け方

フリーランス初期の頃は、友人知人のツテだけを頼りに仕事をしておりましたが、それだけではなかなか厳しい時期が続きました。しかし、セルフブランディングを意識するようになってからは、営業らしい営業をすることもなく常にお仕事の話が来るようになり、時にはお断りしなければいけないほどになりました。

セルフブランディング、要は自分を世間に認知してもらうことです。このブログもその手段の1つだったりします。

常に人材は不足しているのに、見合った人材が見つからなくて困っている会社は山のようにあるので、自分を認知してもらえるようにアクションすれば良いだけです。

  • ソーシャルを通じて自分の仕事を周知する(FacebookTwitter、ブログ等)
  • 業務に関係あるコミュニティに積極的に参加してコネクションを作る
  • さらに、イベントでLTや登壇をして自分の認知度を高める

特にコミュニティ活動を通じて出来た人との繋がりによって、これまで何度も助けられてきました。お仕事を頂くことも多数ありましたし、技術的な相談に乗ってもらったり、海外の技術イベントに参加する機会を頂いたり。そして今回転職先が決まったのもそうです。

人脈は宝です。フリーランスならなおさらです。

フリーランスの営業については、過去に書いていますので詳細はこちらをご覧ください。

bump.hatenablog.com

転職について

今回、フリーランスを卒業して会社員に戻る旨を公開したところ、非常に多くの方から「うちの会社どうですか」と、声を掛けていただきました。これには自分でも非常に驚きましたし、自分の価値を認めてもらえたようで大変嬉しく思いました。

一番嬉しかったのが、これまでお世話になった取引先に挨拶に行った際、「うちも検討してほしい」と3社からオファーを頂いたことです。既に一緒にお仕事をしたことのある会社から言われたということは、ポテンシャルだけでなくこれまでの実績を評価していただけたわけで、大変ありがたかったです。

今回、私が転職先の条件に考えたのは次の4点です。

  1. 在宅勤務が可能であること
  2. 単に在宅可なだけでなく、在宅ワークが不利にならないよう前向きに取り組んでいる会社であること
  3. やりたい仕事ができること
  4. 副業が可能であること

特に2番が大切でした。過去に関わったプロジェクトでは、在宅ワークが不利になることが多々あり、コミュニケーションがうまくいかず結果的にお互い不幸になってしまったため、その反省があって特に2番は重視しました。

副業については、現在自分一人で運用・開発しているサービスがあるためです。ですので、実務に影響しない範囲で個人事業主のお仕事も続けたいと思っています。

おかげさまで、上記の希望を満たす会社に内定し、1月からは会社員として働くことになりました。これまでお世話になった取引先の皆様、そして声を掛けていただいたり、心配していただいた皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

さいごに

フリーランスアドベントカレンダーなのに、会社員に戻る内容のブログとなってしまったのは申し訳なく思っていますが、これからフリーランスを検討している方に向けてお伝えしたいことは詰め込んだつもりです。私で良ければ、Twitter等のソーシャルを通じて色々聞いていただければと思います。

今回私は会社員に戻りますが、フリーランスの経験が私の仕事人生に大きな成長と変化をもたらしたのは事実です。

フリーランスを迷っている方へ。一度しかない人生、後悔のないようにやりたい事を追求しましょう。