娘が初めてのお小遣いで買ったもの

f:id:haru_skywalker:20180715005940j:plain

我が家では7月から娘にお小遣いを渡すことにしました。

週単位の給料制

といっても、うちでは「お小遣い」とは呼ばず、「給料」と呼んでます。家事の幾つかを「仕事」として娘に任せ、それがちゃんと出来たらお金を渡すルールにしたので給料なのです。

お金は月単位ではなく週単位で渡して、出納帳に記入するようにしてますが、1週間で娘が自由に使えるのは200円。ただし、そのうち50円は「人のために使おうね」と初給料日に話しました。例えば募金などです。

(ちょっと変わった我が家のお小遣い事情について色々疑問があるかとは思いますが、この辺は別の機会にでも書きたいと思います)

どうして他人のために使わなきゃいけないの?と反発するかなーと想像していたのですが、素直に受け入れていました。

私は、あるNGO団体を介して毎月定額の寄付をしているのですが、寄付先のモンゴルの少女から定期的に手紙が届くのを娘も知っているので、そういった親の姿を見ているから、特に反発もせず受け入れてくれたのかもしれないです。

2回目の給料日

そして今日が2回目の給料日。娘の手元には400円ありますが、そのうち100円(50円✕2回)は人のために使うお金なので、実質300円です。

前回の初給料日は特に何か買うこともなく過ぎ去ったので、今日は「コンビニに行って欲しい物買ってみる?」と言ってみたところ、ワクワク顔でお財布を握りしめてました。

また「この前テレビで大雨でお家が壊れて困ってる人を大勢見たね。その人達のための募金箱がコンビニにあったよ」と話したところ、「人のためのお金」の使い先も決まりました。

いざコンビニへ

財布の中身を何度も確認しながら、まずは募金箱に100円を入れました。たった100円だけど、娘が初めて自分のお金を誰かのために使った瞬間です。親としては目頭が熱くなりました😭

そしていよいよ、初めてのお金で何を買うのかなー?と思っていると、真っ先に雑誌コーナーへ。

プリキュアディズニープリンセスのイラストが書いてある雑誌を次々に手に取るのですが、なんせ所持金300円。

「890円・・・買えない・・・」

と静かにつぶやく娘。以前までは、コンビニで「この本買って〜〜〜〜〜!」と駄々っ子モードになることがしばしばでしたが、給料制にしてからは「自分で買おうね」と伝えているため、ねだることが一切なくなりました。

「お菓子はどう?」と提案するも、「でもきっと買えない・・・」と表情が暗くなる娘。

300円あればお菓子なら買えるんだけどなぁ。大人なら分かることも、初めてお金を持つ娘には分かってなかったんですね、当たり前なんだけど。

お菓子コーナーで一緒に値段を確認すると「これなら買える!」と喜ぶ姿がまた可愛くて。

そんな娘が選んだのはフーセンガムでした。

「コンビニでいつもコレが欲しいと思ってたんだ〜♡」とニコニコ。

初めて自分のお金で買い物を済ますと、コンビニを出た瞬間「今食べてもいい??」と聞くので、ついOKしそうになりましたが・・・「食べ歩きはダメだよ、おうちまで我慢しようね」と心を鬼にする母。本当はいますぐ食べさせてあげたい!という気持ちと葛藤しながら。

自宅に着くと早速開封し、まずは自分のクチに入れた後「ママもどうぞ♡」と2粒くれました。

ブルーベリー味のフーセンガム。ママは一生この味を忘れないよ。

さいごに

ガムを買って所持金は197円に減ったんですが、お婆ちゃんとのSkypeで「197円も持ってるんだよー!」と自慢げに話す娘が可愛くて笑ってしまいました。

いつか娘が社会に出て、初めて本当の給料を手にした時は何を買うのかな。どうかその時まで生きていられますように。

【小ネタ】スマートスピーカーで子どもの一般教養を高める

f:id:haru_skywalker:20180712084714p:plain

ここ最近、朝食時に「OKグーグル、今日は何の日?」と聞くようにしてます。

例えば今日だと、空母にアメリカ大統領の名前が初めて付けられた日、とか言ってました。(もっと詳しく説明してくれてましたが詳細は忘れました💧)

大人は「へぇ〜」で終わりなんですけど、子どもには分からないことだらけ。娘は「大統領って何?」と聞いてきました。そして説明すると「日本には大統領いないの?」「総理大臣って大統領と違うの?」などと色々話が発展していきました。

私が答えられることはその場で説明しますが、先ほどの「総理大臣と大統領の違い」のような、私が分からないこと(← 一般教養皆無w)は、これまたGoogleHomeに質問すれば説明してくれるので大変便利。

先日なんかは「馬車鉄道が営業開始した日」で、昔は列車は馬が引いてたんだよ〜と話したら、「馬1頭で引いてたの?!😳」と驚いていたので、いやいやさすがにソレは無いだろうwwと盛り上がりました。

うちは中学受験するかどうか未定ですけど、中学受験は親が9割って本が出版されるくらい、親がどれだけ子どもに関われるかが決め手と言われてます。しかし、勉強の面倒を見るのが親の役目ではなく、学習指導は塾教師の役割、親の本当の役割は「家庭で一般教養を身に付けさせる」こと。

そういうわけで、自然な会話で一般教養が身につく「今日は何の日?」は、けっこう気に入ってます。

子どもの勉強時間と遊ぶ時間のスケジューリング方法

f:id:haru_skywalker:20180709143021p:plain

今どきのお子様って、本当に忙しい。週末はお友達と遊びたいけど、学校の宿題や塾の宿題もあるし、家庭のお手伝いもしなきゃいけない。

こんな時に「まず宿題終わらせてからね」と頭ごなしに言っても、まぁ「ヤダー!」ってなっちゃいますよね。

うん、大人だって嫌なことは後回しにしたくなるもんね。仕方がない。仕方がないって分かっていても、でも「やらないとイケナイでしょ!💢」と怒ったら事態はもっと悪化してしまう。困ったもんですね。

自分でスケジューリングさせる

どうしたらいいもんかな、と思ってたんですが、勝手に親が予定を決めちゃうから反発したくなるんだよなぁと。

とりあえず、「自分が今日やりたいこと」と、「ママが今日やりたいこと(=やらせたいこと)」を一旦ぜんぶ書き出す作戦を取りました。

具体的には付箋を使います。大きめの付箋に、やりたいこと1つにつき付箋1枚を使って書いていきます。この時「◯◯ちゃんのやりたいこと、ママのやりたいこと、一緒に書いてみようね」と、あくまで親が勝手に決めてるわけじゃない空気を作ることが大切。

本人が見たいものがあるなら「テレビを見る」とかも書きます。「お昼ご飯」や「夕飯」も付箋に書きます。一旦それぞれが自分がやりたいことを書き出すと、意外とたくさんあるなぁと親も認識できて良いです。

全部書き出し終わったら、付箋を並び替えしながらどの順番でやるかを決めていきます。具体的には、テーブルなどの広いスペースに、時間が決まっている予定の付箋から大きく間を空けて貼ります。例えば「お昼ご飯」や「夕飯」などですね。これを基準にして、この間にコレが出来そうだね、とかアレコレ子どもと話ながら、付箋を移動させてスケジュールを考えます。

低学年だと時間感覚がまだ未熟なのでサポートが必要なんですが、高学年になってきたら親が口出ししなくても出来るのかもしれないです。(うちはまだ小1なのでサポート必須です)

最後は、壁などに決めたタスク順で付箋を貼って、終わった予定の付箋を1枚ずつ剥がしていくだけです。

効果

最初に付箋に書き出すことで、やっちゃダメ!と言われているわけではないんだな・・・と子どもにも分かるので、コレだけでも子どもの気持ちが落ち着いて結構効果的でした。

宿題を終わらせなきゃ遊んじゃダメ!と頭ごなしに言われるより、「うちがお昼ご飯を食べ終わっても、他の子の家はまだ食事中で遊べないかもしれないから、この隙間時間で宿題を終わらせると沢山遊べるね」などと言えば、結構素直に聞いてくれます。

テレビを見る時間もちゃんと予定の中で決めることで、ダラダラ見過ぎるのを防止できます。

何より、自分で決めたスケジュールなので、「次は何だっけ?」と聞くだけで「あぁコレやるんだった!」と自らタスクを終わらせていきます。本人いわく「終わった付箋を剥がしていくとスッキリするのが楽しい」と言ってます😌(この辺がまだまだ小1で可愛い)

さいごに

うちは、家事の手伝いなんかも全部付箋に書き出していて、トータル枚数はいつも10枚くらい。

たまに、時間がオーバーして途中で予定の組み換えが発生する時もあるのですが、予定通りに進行させることが目的ではなくて、遊びも学習もお手伝いも、ちゃんと1日の予定の中にスケジューリングして終わらせることが目的なので、その辺はガミガミ言わずに見守るようにしてます。

仕事でもそうですよね、1日の作業を洗い出し、優先度を決めて取り掛かる。これを日常生活にも取り入れているだけなので、小さいうちからタスク管理を大まかにでも体験していれば、大人になってからも多少は役立つのではないかな、と思っています。

娘が英語絵本の多読を楽しめるように工夫したこと

f:id:haru_skywalker:20180707011332p:plain

3週間前から、英語の絵本を週に3冊ずつ読むのを始めました。(英語教室で出されている課題です)

レベルとしては3歳向けくらいの簡単な絵本です。音声CDが付いているので、親が読み聞かせる必要はないのですが、CDを流しながら絵本を見るって結構難易度高いんですよね。というのも、親が読み聞かせるのと違って、超一方通行な感じがあるのです。

娘も最初の1回は聞くのですが、一通り聞き終わると「もう終わりにしていい?」といった感じで、まったく楽しそうじゃない。このままだとダメだなーと思ったので、ちょっと工夫してみました。

子どもの好きなことと組み合わせる

娘はお絵かきが大好き。時間さえあればお絵かきしてるような子なので、娘の好きなことに結び付けたら良いのでは?と考えました。

具体的には、最初の1回目はこれまで通りCDを聞きながら絵本を眺めます。

次に、娘が絵本の中で気に入ったページのイラストを、一緒にお絵かきすることにしました。

色まで塗ると20分くらいは掛かるのですが、このお絵描き中はずっと付属CDを掛け流すようにしました。CDにはストーリーの読み上げだけでなく、話にまつわる歌や、ショートワードのリズムソングが入っているので、繰り返し聞いてるうちに娘も無意識のうちにリピートしたり、一緒に歌ったりしているのです。

それを見て、やった!と思いました。我ながらベストアイデアです😌

何より、前はちょっと嫌々だった娘が「もっと描きたかったー」と言うくらい、すっかり楽しい作業だと思ってくれているのが、本当に嬉しいのです。

英語について

英語というか言語の習得って、地頭の良さとかほぼ関係なくて、正しい方法で継続さえすれば誰でも習得できるもの。だと私は思ってます。

学校の基礎学力も大切だとは思うのですが、英語学習は頭の良さ勝負にならないで済む分、投資効果が大きいと思うのですよね。それでいて、英語が使えることのメリットは言わずもがな(私は職業柄、特にそう思います)。ですので、私は娘の教育については、英語学習にメイン投資しています。

さいごに

娘は3歳前後から英語を始めて、それなりに上達もしてきて、いまは新しく「英語絵本の多読」の課題がスタートしたところです。

まだまだ苦労することが多いのですが、言語学習は一朝一夕でどうにかなるものでもないので、娘が大好きなことを組み合わせながら、楽しく続けられる工夫をこれからもしていきたいと思います。

【小ネタ】単なる読書だけでは国語力はさほど上がらないと思う話

f:id:haru_skywalker:20180706014635p:plain

もうほぼ育児ブログと化してますが、最近国語力をアップさせる方法について調べまくってました。

なぜ国語力か

小学校低学年のうちは国語と算数がメイン教科なわけですが、国語力が低いと、いくら計算ができても算数の文章問題が解けないのですよね。算数だけでなく、すべての教科の土台となるので、低学年のうちは国語力がまずあっての他の教科、だと思っています。

ここで言う国語力とは、文章を読み取る力、説明する力などなど。単なる国語の教科内容だけを指しているわけではないです。なので漢字をたくさん覚えるとか、そういう事ではないです。

とは言え、教科としての国語とまったく関係ないわけでもなく、これは私の考えですが、教科としての国語は「出題者の意図をどれだけ読み取れるか」が重要ポイントで、これはつまり「読解力」。また、同じようなことを別の言葉で言い換えるとか、長い文章を簡素にまとめるとか、そういった力も必要なわけで、総合的な国語力を鍛えれば、自ずと教科としての国語もアップする、と思ってます。

本題

ちょっと脱線しましたが、本題に入ります。巷でよく言われる「国語力をアップさせるには読書」という説は、正直片手落ちだと思ってます。

読書自体は否定していないです、私も娘にはたくさん本を読んで欲しいし、娘は大体1ヶ月に15〜20冊ペースで読んでます。(英語の絵本も含めると最近は+10冊/月ペース)

ただし、読書数が増えたところで伸びるのは「表現力の引き出しが増える」くらいかな、と。(本を通して得られる知識や学び、楽しさ、みたいな事はここでは議論の対象外とします)

なぜなら、読書ってフリースタイルなんですよね。読み手が好きなように解釈して読み進めても良いわけです。作者がどんな気持ちでこう書いたか?なんて思いながら読む子はまずいないですよね。なので、国語力を上げるためには単なる読書だと片手落ちだ、と思ってるわけです。

じゃあ読書量を増やしても意味がないのか?と言うとそうではなく、低学年のうちは「音読」とセットにするのが良いと思ってます。それも単なる音読ではなく「感情を込めて音読」するのが効果的だと思ってます。

感情を込める、これはすなわち情景を想像し、セリフを話している人物の気持ちを考えることに繋がります。

ただし、すべての読書についてこれをやらせようとすると子どもが嫌がるので、自由に読んでもいい本と、音読する本、は分けて用意し、さらに音読する本は文量が少なめな物を選ぶのが良さそうに思います。感情込めて音読って結構疲れますからね・・・

おそらく最初からは無理なので、まずは親が絵本の読み聞かせをする時に、感情を込めて読むようにすることは大切だと思います。それでも最初は「感情を込める」の意味がイマイチ理解できないので、例えば「この子のセリフはお願いね、この子になったつもりで読んでみてね」という感じでセリフを分担すると始めやすいです。

さいごに

私は「いかに短時間で効率よく学習するか」を追求している武闘派ママです。

今回は、未就学児の頃から読書量は比較的多いはずなのに、簡単な文章問題すら「問題の意味が分からない」と言ってくる娘に対して、どうしたらいいんだろうな?と思ったのがキッカケです。

自頭の良い子ならこんな苦労はしないかもですが、平凡な親から生まれた平凡な娘なので、やはり多少の努力は必要だとしても、必要最低限の労力で、かつ努力を努力とも感じないような楽しめる方法で、効率よく効果の高い方法を見つけたいのです。

本人が嫌がったり、無理矢理やらせるのは逆効果だってことは勿論分かってるので、楽しんで出来るのが何より大切。教育熱心ですね(笑)と鼻で笑われようとも、娘の武器が増えるなら私はいくらでも研究しますよ。

毎朝の登校準備ハック

f:id:haru_skywalker:20180704130800p:plain

最近、めっきり子育てブログと化していますが、またしても子育てネタです。

娘は毎朝、自宅を出る1時間前に起床する生活でしたが、毎日準備がギリギリでしばしば、待ち合わせしているお友達を待たせてしまっていました。

私も「早くしなさい、遅れちゃうよ!💢」と急かさなければいけなくて、朝から疲れる日々。どうにかしたいと思い、ちょっと考えてみました。

毎朝のスケジュール

  1. 起床&トイレ
  2. 洗顔&ヘアセット
  3. 着替え
  4. 朝食
  5. 洗濯物を畳む(夜中の洗濯乾燥分)
  6. 歯磨き&トイレ
  7. 日焼け止め&虫除け塗り

こんな感じです。(うちはパジャマやタオル類を、夜中に洗濯〜乾燥までするので、自分の分は朝畳むのが日課になってます)

大体7番は時間がなくて「あぁもう今日は無理だから行きなさい!」がお決まりパターンでした。

時計にシール作戦

どうしたらいいか考えたところ、「時計は読めるけど、時間の逆算が出来るほどの時間感覚はまだ無いんだろう」という結論に達しました。まだ小1ですからね、、、私が大人目線で考えすぎでした。

そこで各タスクについて、何時何分までに終了しなければいけないかを決めて、アナログ時計の「分」の場所にシールを貼りました。登校前に過ごす、ダイニング・リビング・洗面所の3箇所の時計すべてに貼りました。

どうやら娘、登校前に何をしなければいけないか?もハッキリ分かってなかったようで、時計のシールで視覚化したことによって、「タスクの順番」と「終了期限」をやっと把握できたっぽいです。また、時計のシールが基準になったことで、急ぐ場面かどうかの判断が付くようになりました。

5分前起床作戦

あともう1つ、起床時間を5分だけ早めました。

娘は毎朝スッキリ起きられなくて、ベッドで多少ウダウダしちゃうのですが、3分以上されるとイライラしちゃうのですよね・・・

なので、5分の余裕を持つことで私がイライラしなくて済むようにしました。ママの精神安定は家族平和の重要ファクターです(笑)

さいごに

月曜から導入して今日で3日目ですが、初日から大成功でした。急いで!と言わなくても済んでます。

今日なんて15分も余裕が出来たので、なんと 公文の宿題までこなして登校しました。 すごくない??

私、毎朝遅刻ギリギリでドタバタな小学生でした。もちろん時間割や提出物の準備も朝にやるようなお子様で・・・親からよく「プリントは前の日に出して!」と怒られてました。(高校卒業までずっと)

大人になった今でも遅刻魔で忘れ物将軍なので、たまに娘から「忘れん坊すぎる」と呆れられるほど・・・💧

三つ子の魂百までと言うように、幼少の頃の生活習慣ってめちゃくちゃ大切だと思うのですよね。私クラスのダラしなさになると生きていくのに支障が出るレベルなので、本気でそう思います・・・😓

想像より大変だった小1の壁(うちの場合)

f:id:haru_skywalker:20180702105120p:plain

4月に娘が就学してから、なんだかもう毎日ヘトヘトです。入学前はこんなに大変だとは正直思ってませんでした😣

これまでの保育園生活と大きく変わったのは次の3つです。

  • 毎日早寝早起き(就学前よりも1時間前倒し)
  • 習い事・学童のピタゴラスイッチなスケジュール
  • 「宿題と翌日の登校準備」といった日々の必須タスク

毎朝の登校準備で「早くしなさい!」と言わなきゃいけない日々がストレスだし、就寝前に「早く寝るよ!」とついイライラしてしまう自分にも嫌になります。。。

フィジカル的な疲労もあるんですけど、どちらかと言うと、メンタル的なダメージの方が大きいです😔

1週間のスケジュール

曜日 習い事 送迎 家庭学習
公文、英語 宿題
チアリーディング 宿題、公文
学童 宿題、公文
学童、公文 宿題
学童、英語 宿題
- - 通信教育、公文、英語
- - 通信教育、公文、英語

なんだか色々やってるように見えるけど、未就学児からやっていた習い事を継続させるために、こんなスケジュールになりました。複雑で覚えられないかなー?と心配でしたが、本人はちゃんと把握出来ているようです。

民間の学童を利用していて、バス送迎アリですが帰りはお迎え必須です。火曜は送迎バスありの習い事ですが、近くのバス停までは徒歩で一緒に行っています(2年生になったら自力で行ってほしいなと思いつつ)。保育園時代に比べたら送迎は楽になりましたが、ゼロにはならなかったので地味に負担にはなってます。。。

家庭学習について

平日は多忙なので、学校の宿題と公文の課題だけでもう手一杯です。いや、両方合わせて30分もあれば終わるレベルなんですが、まぁフザケて終わらないですよね〜〜〜😑

宿題を見る、という行為そのものは全然苦痛ではないのですが、娘がフザケてちっとも進まない時にイライラがMaxになってしまう自分がツライです。。。どうしたらいいんだろうかコレ。諸先輩方のお知恵をお借りしたい😭

通信教育はZ会をやってますが、こっちは本人的に面白いらしいです。公文のひたすら同じことを繰り返す課題より、文章問題のほうが楽しいみたいです。添削も自分でやらせているので、100点満点!と蛍光ペンのインクが掠れるほど花丸を書き殴っています。

英語の宿題は、現在はリーディングのみなのでさほど大変ではないですが、そのうち増えるみたいなのでちょっと心配😓

これらについては、本人がやりたくない!と言い出したら辞めようとは思っているものの、今のところはそれなりに楽しんでいるようです。

その他

保育園時代は、友達同士で何かあっても担任の先生が親身にケアをしてくれましたが、小学生にもなると手厚いケアはもちろん無理。たまに娘から友達とのトラブルを聞くと超心配になります。いまはキッズケータイを持っている子も少なくないので、そのうちメールトラブルなんかも発生するかもしれません。。。

また、女子特有の兆候が少しずつ出てきていて、ちょっとでも仲間はずれにされた(と本人が感じる)ことに、やたら過敏になっていたりします。

でも娘も大概わがままな性格なので💧自業自得な面もあるとは思うのですが、母は大変心配で心配で。。。毎日何かしらあるので胃が痛いです😭

3年生以降について

おそらく学童にも行かなくなる学年だと思うので、ここでまた大きく生活が変わってくるのだろうなーと思ってます。友達と放課後に遊びに行くようになったり。

その頃には、今より楽になるのかな・・・と思いつつも、3年生後半からは中学受験への準備が始まる時期でもあるので、どうなるのかなぁ。悩みは尽きませんね。(うちは受験するかまだ未定ですが💦)

家庭によっても違うとは思いますが、いまどきの小学生は総じて忙しい。近所の子たちを見ていても、週末まで習い事がびっちり入ってるのが珍しくないです。ドラムやプログラミングや新体操などなど、習い事の種類も豊富な時代でビックリしますね。

さいごに

3ヶ月が経ってようやく、日々の生活リズムとか、娘への接し方、休日の過ごし方など、コツを少しずつ掴めてきました。(まだまだな部分も多いですが)

「小1の壁」というのは単に生活リズムなことだけでなく、学習面でのサポートや、友達とのコミュニケーションのケアなども含めた、生活すべてのことなんだなー💧というのを実感している毎日です。