読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんてことはない話

フリーランス ワークスタイル

いつも仕事や英語などの意識高い系(?)の話とか、子育て系の真面目な話を多く書いてきたせいで、自分のブログなのに「高尚なネタが無いと書いちゃいけない」ような気持ちになっていました。

でも、ほぼ自宅でフリーランスの私に、そうそう高尚なネタなど降ってきません。むしろあるのは、日々の不安やドス黒い感情ばかり。黒い感情も1年くらい溜まり続けると、ついブログに吐き出してしまうくらいのエネルギーに変換されることもあるんですが(下記ブログ参照)、まぁ大抵は半減期1日くらいです。

bump.hatenablog.com

というわけで、たまには息抜きに「なんてことはない話」を書きます。最初に言いますが、特に有益な情報は無いです。でも何かアウトプットしないとモヤモヤしてしまうので、ゴミみたいな内容ですが、それでも良ければお読みください。m( )m

クラウドの人

何度かイベントでお話をさせてもらったり、コミュニティ活動で色々関わってきたこともあり、初対面で会った方に自己紹介をすると、既に認知してもらっている事が何度かありました。

そういう時は大抵、8割の確率で「AWS方面の人」「クラウドの人」と認知されていて、残り2割は「デザイナ」という感じです。すごくありがたいんですが本業はそこじゃないので、自分の至らなさを思い知るわけです。(一応フロントエンドの人だと自分では思っています)

自分が発信している内容が主にそっち寄りだったり、デザインワークでコミュニティに参加している事が多いので自業自得なんですが、なぜ私は自分の本業での発信が少ないのかというと、まぁ自信がないからです。ぶっちゃけました。自信がありません。

本業で自信がないくせに興味は多方面にあり、AWSのユーザーグループで色々やってるのも、業務ではなかなかクラウドに直接関わりが持てないので、コミュニティを通して情報を収集するキッカケを作っているような感じです。その延長で情報発信するのは何も抵抗がないくせに、本業のほうではどうしても勇気が出ない。なんでだろうねこれ。

で、どうしたいの

「プロジェクトを複数掛け持ちするということ」のブログを書いた時から・・・いや正確にはもっと前から考えていたことが、時間の経過と共に少しずつ大きくなってきた感じですが、そろそろ私は次のステージに行きたいのです。次のステージというのが何かについては、具体的に言える時が来たら書きたいと思います。

ただ、人生は思い通りに行かないことのほうが多いし、挫折もたくさんしてきたので、仕事以外のことも色々迷いまくっていました。母親としても。

んで、今日たまたま見掛けたこちらの記事

forbesjapan.com

「そこから学んだのは、成長と心の安らぎは同時には得られないということです」と彼女は言う。

「誰だってどんな国でも企業でも、それは同じです。自分が成長するのはどんな時か、考えてみれば分かるでしょう。それはリスクをとって新たな物事にチャレンジする時なのです」とロメッティは語った。


これを読んで、あぁこれだったのか!と。膝ポンおよび目から汗ですわ。

私は成長と心の安らぎの両方を得ようとしていて、でもその答えが見つからなくて迷っていたんだな、と。リスクを取らない事ばかり考えていたんだな、と。

その気付きがあった事が、今日一番の収穫でした。というわけで、お昼休みが終ったので仕事に戻ります。